高脂血症と低用量ピルや溶解性の高い緊急避妊薬の関係

1999年から、日本でも低用量ピルが認可を受け発売されるようになりました。
それまで日本で使用されていたピルは、中・高用量ピルでしたが、ホルモンの含有量が多く、副作用も強く出ていましたが、低用量ピルはホルモン量が半分以下にまで軽減されているので、ほとんど副作用がなく、正しく使用すればほぼ100パーセントの確率で避妊効果を得ることができます。しかし欧米に比べると避妊薬として使用する人はまだまだ少なく、月経困難症や子宮内膜症の治療薬として使用する場合が少なくありません。

避妊を目的としなくても、女性特有の症状に悩んでいる人にとって効果がある薬のため、服用する人も多くいますが、ただ血栓性素因のある人や子宮体ガンや子宮筋腫、乳ガンなどのエストロゲン依存性腫、妊娠中や授乳中の人などは服用できませんから注意が必要です。
血栓性素因とは、生まれつき血栓が生じやすい体質の人や、高脂血症や糖尿病にかかっている人などを指しています。
なぜ糖尿病や高脂血症の人が服用できないのかというと、血栓症を引き起こすリスクが高くなるため服用できません。もしどうしても服用したいと思うなら、高脂血症などの生活習慣病を治してから服用しましょう。
また1日に15本以上タバコを吸う人も、狭心症や心筋梗塞のリスクが高まるため服用することは認められていません。

低用量ピルは、毎日服用することで避妊効果を得ることができますが、性交渉の後で妊娠を阻止するには溶解性の高いアフターピルを服用することで緊急的に避妊することができます。アフターピルは溶解性を高めることで強制的に生理を起こします。溶解性の高い成分がより早く吸収されて高い避妊効果を得ることができますが、これはあくまでも緊急用として使用し、日常的に服用することは避けましょう。