多毛症に効果のある低用量ピルと殺精子剤との違い

多くの女性が悩んでいる多毛症の原因は様々ですが、男性ホルモンの影響によって多毛症になることが少なくありません。そのため女性ホルモンを含む低用量ピルを飲むことで、卵巣から生み出される男性ホルモンの量をコントロールし、多毛症を改善することも可能です。
ただ、多曩胞性卵巣症候群が原因となる多毛症も場合には、ピルによって妊娠が困難になる可能性もあるため、安易にピルを服用せず病院を受診することおすすめします。

低用量ピルとは、避妊薬として認知している人が多いかもしれませんが、女性特有症状である月経痛や月経前症候群、子宮筋腫、子宮内膜症などの治療にも効果を発揮します。これはピルに含まれる卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2つの女性ホルモンが、乱れたホルモンバランスを整えることで効果があると考えられています。

低用量ピルは女性が主体となって行える避妊方法です。正しく服用すればほぼ100パーセントという避妊効果があり、避妊を男性に任せず、女性が自分の意志で避妊できる方法です。
低用量ピルは、排卵を抑制し、子宮内膜を厚くしない。また膣内の粘液を減少させるという働きをします。
排卵がされなければ受精が成立しないため妊娠にはいたりませんし、もし排卵や受精が起こったとしても、子宮内膜が十分に厚くなっていなければ、受精卵が着床せず、妊娠が成立しません。また膣内の粘液を減少させることで、精子が子宮に入りにくくするため、ほぼ100パーセントの確率で避妊することができます。ただ飲み忘れると効果を得ることができません。そのためピルの飲み忘れが不安な人には、避妊ゼリーがおすすめです。避妊ゼリーは殺精子剤のことで、避妊作用のある殺精子剤が精子と接触することで受精能力を奪って妊娠の可能性を減少させます。殺精子剤は、性交渉の直前に使用し、ピルのように事前使用する必要もないので、手間がかからないというメリットがあります。