低用量ピルとオギノ式と膣内について

オギノ式とは、生理周期などを計算し、妊娠のしやすさなどを計算できる式であり、少し前にブームなどになったものです。

本来は、妊娠をしっかりとするために、このオギノ式は使われるものなのであり、作られたものなのですが、若年層の中には、妊娠をしたくない、妊娠をしないためにオギノ式を利用したい、という考えをしている人もいます。

そのため、オギノ式の計算などと合わせて、低用量ピルなどを使わず、今日は計算によると、妊娠をしない日であるから、性交渉を行う際に、膣内に精子を出させる、などの行為をやってしまい、結果、望まない妊娠をしている人がいるのです。

これは、低用量ピルを飲んでいても、膣内に挿入などを行えば、妊娠する可能性は決してゼロではなく、またオギノ式を計算したから、何をやっても大丈夫だ、という考えの人たちがいるために、望まない妊娠をした結果、赤ちゃんが殺されてしまう、中絶されてしまう、というとても悪い、悪循環のようなことが起きています。

もともと、オギノ式は、このような目的で作られたものではなく、逆に赤ちゃんを授かりたい人のために作られたものであることに対して、若者や、風俗嬢、キャバクラ譲などが、膣内に、お金目的のために、または低用量ピルを飲むとお金がかかるから、少しでもお金を儲けるために、と言った理由でこのようなことを行ってしまい、妊娠が続々と起こってしまうという結果になってしまっています。

特に、風俗嬢とキャバクラ譲のこれら問題は、何度もニュースなどで取り上げられ、産婦人科kなどでも大きな問題となっているほど、頻繁に起きていますが、改善がなかなかされず、結果として、中絶される赤ちゃんがとても多いことが問題となっています。